2018年11月30日 現音秋の音楽展2018 いま聴く生まれたての音符たち アンデパンダン展第2夜

【現音秋の音楽展2018 いま聴く生まれたての音符たち アンデパンダン展第2夜】

日時:2018年11月30日(金) 18:15開場 18:30開演

会場:東京オペラシティリサイタルホール

料金:全席自由4,000円

アクセス:京王新線初台駅直結

スポンサーリンク



<出演>

尾山台小学校音楽クラブ児童・音楽作りのなかま(ハンドチャイム) 鈴木真希子(ハープ) 亀井庸州(ヴァイオリン) 大須賀かおり(ピアノ) 栗本洋子(声・ピアノ) 石川高(古代歌謡) 松本元(ピアノ) 伊藤洋夢(アルトサクソフォン) 豪和雅(テナーサクソフォン) 田中奏一朗(バリトンサクソフォン) 中川日出鷹・高島翔太(ファゴット) 薬師寺典子(ソプラノ) 梶俊男(ピアノ) 須賀麻里江(ヴァイオリン) 鈴木生子(バセットホルン) 及川夕美(ピアノ)

 

<プログラム>

坪能克裕:ハンドチャイム(トーンチャイム)とハープによるハープコンチェルト

イ・カング:VERRUFENE STELE for Violin and Piano

石田匡志:新作

くりもとようこ:白金之独楽序品(北原白秋)

森田泰之進:柳花頌

田中範康:ピアノのためのモノローグ第4番<ラメンテーション>

ロクリアン正岡:サックス・トリオ「クセナキスのザスについての共感と批判」

中村典子:眞聾天如 vox verum sicut caelum

梶俊男:太宰治「待つ」からの情景

露木正登:イン・メモリアム(墓碑銘)~ヴァイオリン、バセットホルン、ピアノとハープのための

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA