2019年9月21日 聴き伝わるもの、聴き伝えるものー20世紀音楽から未来に向けてー 第14夜 20世紀の超個性派傑作群から現在へ

【聴き伝わるもの、聴き伝えるものー20世紀音楽から未来に向けてー 第14夜 20世紀の超個性派傑作群から現在へ】

日時:2019年9月21日(土) 16:00開演 15:30開場

会場:国立音楽大学講堂小ホール

料金:全席自由 一般1,500円 学生500円

アクセス:西武拝島線/多摩モノレール「玉川上水駅」下車徒歩7分

 

<出演>

板倉康明(指揮)

佐竹由美(ソプラノ)

井上郷子、篠田昌伸(ピアノ)

クニタチ・フィルハーモニカー(室内アンサンブル)

現代音楽演奏実習履修生 他(ホリガー作品特殊楽器演奏)

国立音楽大学音楽研究室(音響)

今村央子、川島素晴(企画)

 

<プログラム>

武満徹:群島S.~21人の奏者のための

松村禎三:阿知女~ソプラノ、打楽器と11人の奏者のための

菊地幸夫:新作【2019年度国立音楽大学委嘱作品】

I.ヴィシネグラツキー:回転運動のエチュード 作品45a**

B.ファーニホウ:想像の牢獄Ⅲ

H.ホリガー:プネウマ

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA