2020年12月1日 平山美智子 東洋と西洋の架け橋

平山美智子 東洋と西洋の架け橋

日時:2020年12月1日(火)14時/19時

会場:東京オペラシティ 近江楽堂

料金:全席指定(前売 一般):3,500円 全席指定(前売 学生):2,000円 (税込)

 

<プログラム>

ジャチント・シェルシ (1905-1988)
《Ho》(1960)
《Mantram》(1967?) 日本初演
《山羊座の歌》より No.4 (1962-1972)
《Pwyll》(1954)(昼公演のみ)
《 Ko-Tha 》(1962)より(夜公演のみ)

ジョン・ケージ(1912-1992)
《18回目の春を迎えたすばらしい未亡人》
The wonderful Widow of 18 Springs (1942)

早坂文雄(1914-1955)
佐藤春夫の詩に據る四つの無伴奏の歌より《うぐひす》(1944)(昼公演のみ)

林光(1931-2012)
《道、子供と線路、空》(1966/68)(昼公演のみ)

松平頼暁(1931-)
《歌う木の下で》(2012,19)(夜公演のみ)

近藤譲 (1947-)
《Bonjin》(1985)(夜公演のみ)

湯浅譲二 (1929-)
《おやすみなさい》(2013/編曲20)木ノ脇道元による編曲版初演

杉山洋一 (1969-)
《海に》
Verso il mare(2020)委嘱新作初演

平山美智子の貴重な写真を映写してのプレトークあり。

 

<出演者>

ソプラノ: 太田真紀 / フルート: 木ノ脇道元 / ギター: 佐藤紀雄 / コントラバス: 溝入敬三 / プレトークゲスト: 平山幸一(平山美智子、甥)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA