2021年10月2日 『聴き伝わるもの、聴き伝えるもの ―20世紀音楽から未来に向けて―』第16回「視覚と音楽ーフランスと日本の諸相」

『聴き伝わるもの、聴き伝えるもの ―20世紀音楽から未来に向けて―』第16回「視覚と音楽ーフランスと日本の諸相」

 

日時:2021年10月2日(土)16:00開演(15:00開場予定)

会場:国立音楽大学講堂大ホール

料金:一般1,500円

高校生以下及び本学学生*無料(要申込)

 

<出演>

指揮:板倉康明
ピアノ:井上郷子
室内オーケストラ:クニタチ・フィルハーモニカー
演奏:現代音楽演奏実習履修生 他

<プログラム>

G.アペルギス:マシナシオンより【日本初演】
武満徹:ピアニストのためのコロナ
弦楽のためのコロナⅡ
斉木由美:2021年度国立音楽大学委嘱作品【世界初演】
I.クセナキス:フレグラ
E.モンタルベッティ:都市へと開ける同時的な窓【全曲版日本初演】

 

 

スポンサーリンク



 

参加しています

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA