2021年1月9日 1970年の音を聴く2台のピアノと電子音響のためのシュトックハウゼン『マントラ』

1970年の音を聴く2台のピアノと電子音響のためのシュトックハウゼン『マントラ』

日時:2021年1月9日(土) 15:00開演 14:15開場

会場:芦屋市民センター ルナ・ホール(小ホール)兵庫県芦屋市業平町8番24号

料金:前売り3,000円・当日3,500円(全席指定)高・大・大学院生 2000円(当日同じ)

小・中学生1,500円(当日同じ)

 

<出演>

浦壁信二(ピアノ)、大井浩明(ピアノ)、有馬純寿(電子音響)

<プログラム>

K.シュトックハウゼン(1928-2007):2台のピアノと電子音響のための「マントラ」(1970)
K.Stockhausen: “MANTRA”for two pianos and electronics (1970)

A.ジョリヴェ(1905-1974):「パチンコ」(1970)

A.Jolivet:”Patchinko” for two pianos(1970)

W.A.モーツァルト(1756-1791):2台のピアノのためのソナタ ニ長調K.448 (1781)
W.A.Mozart: Sonata for two pianos in D major, K.448 (1781)
西村朗(1953-):2台のピアノのための「波うつ鏡」(1985) ほか
A. Nishimura: “Vibrancy Mirrors” for two pianos (1985)

令和2年6月6日分の延期公演

※令和2年6月6日分のチケットは延期公演で使えます。

 

スポンサーリンク



 

参加しています

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA