2021年3月20日、21日 第6回両国アートフェスティバル2020(芸術監督:夏田昌和)【プログラムIII】我々はどこへ行くのか〜4分音ピアノで描く音楽の未来

第6回両国アートフェスティバル2020(芸術監督:夏田昌和)【プログラムIII】我々はどこへ行くのか〜4分音ピアノで描く音楽の未来

日時:2021年3月20日(土)16:00~

2021年3月21日(日)16:00~

会場:両国門天ホール

料金:一般3,000円、会員・学生2,500円

※配信チケット料金◉1500円(税込)*各プログラムの日曜日午後公演(2月14日、3月7日、3月21日)を生配信します。

 

<出演>

及川夕美・大須賀かおり(ピアノ)

<プログラム>

チャールズ・アイヴズ:《3つの4分音作品》2台のピアノのための(1903/24)

イヴァン・ヴィシネグラツキー《統合 Op.49》2台の4分音ピアノのための(1962)

夏田昌和・山根明季子・渋谷由香による新作(2021 委嘱・世界初演)

公募入選作品:

冨田正之介 《 一つ、またひとつ》(2020 世界初演)

渡部瑞基 《Kontrapunkt》(2020 世界初演)

キムヨハン 《A room between the rooms》(2020 世界初演)

スポンサーリンク



 

参加しています

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA